お知らせ1

  • 旅に出るならまずはここで準備を! 何でも揃う楽天の旅行グッズサイト

【ブログについて】

  • 注意!
    このブログに掲載している写真・絵画は、特に断りのない限り作者が撮影した写真、およびその加工物です。 また、ブログに掲載している写真(加工した写真も含む)の著作権は当方にありますが、使用に関しては特に制限がございませんので、原則として商用・非商用を含めご自由にお使い下さい。 ただし、写真の販売はご遠慮下さい。まぁそんな方はおられないと思いますが…。

最近のコメント

最近のトラックバック

お知らせ2

  • 京都のお土産や旅行の情報を紹介します。

    そうだ、京都を買おう!

  • 京都の帆布バッグ

おしらせ3

  • 旅行グッズだけじゃない。お得情報だけど、クリックする前にブログ読んでね。 (/_;)

大覚寺

2014年7月 2日 (水)

大覚寺(大澤の池)

今度は大覚寺、特に大澤の池です。
この池は大覚寺の境内にあって、入場料が無料(但し、桜や紅葉などの時期を除く)なので良く行きます。ですので比較的写真が沢山あって…。(^_^;)

ここは元々、離宮嵯峨院として造営されました。それが貞観18年(876年)に大覚寺となったそうです。離宮であったせいか、今も昔ながらの雰囲気を残しています。池の周囲は1キロちょっとで一周出来る道もあり、いい散歩コースとなっていて四季折々の風景がたのしめます。ノンビリ歩いて30分ぐらいでしょうか。実際に歩くとよく分かりますが、この辺は風致地区となっているため、南側から北を望めば見えるのは心経宝塔や護摩堂ぐらいで、現代の建物はほとんど見えません。恐らく遥か昔の風景と同じではと思います。(昔の風景を知らないのでハッキリは分かりませんが。。。)。
ですので、時々時代劇のロケに使われるほどです。

ここは今でも桜や紅葉が素晴らしいく、秋には大澤の池に舟を浮かべて月見する「観月の夕べ」という催しもあります。とても良いところですが、JRや嵐電の駅からすこし離れているせいか、嵐山駅付近程の賑わいはありません。ある意味穴場と言えるかも。ちなみにJR嵯峨嵐山駅から徒歩で20分ぐらいですが、道がちょっと分かりにくいのでバスを利用するのがおすすめです。

ところで今回の動画に使った写真。桜と夏はだいたい毎年同じような景色になりますが、秋の写真は2012年の紅葉の写真です。この年は紅葉の当たり年で、他の場所でも綺麗な紅葉が見られました。そしてここ大覚寺でも本当に綺麗な紅葉でした。あれだけの景色はそう簡単に見られないと思います。
また冬の写真。自分で言うのもなんですが、雪の写真は結構珍しいです。京都という街自体、雪が積もることは稀で、一冬に1、2回ぐらいしかありません。私が子供のころはもう少し多かったように思うのですが、これも温暖化の影響でしょうか…。

動画はこちらから観られます。http://youtu.be/X32RWKG_Z00

下記の写真は動画で使用した写真の一部です。。。(^_^)

20070408_06

20120815_02

20121125_05

20080204

参考:大覚寺ホームページ URL:http://www.daikakuji.or.jp/

【お知らせ】

京都あちこち探訪録

  • □■□■□■□■□■

にほんブログ村

無料ブログはココログ